いぶき1号
触媒効果を持つ鉱物ミネラルの超微粒子です。
微生物を大量に活性化させフカフカな土壌に戻します。

いぶき1号
圃場から引き抜かれたミネラル不足により、微生物生態系が狂い、連作障害の大きな要因となります。
ミネラル液で不足するミネラルのバランスをとり微生物生態系の活性化されることで、病害菌や寄生線虫などの暴発が抑えられ、微生物が増えれば土壌は良い循環に回り始めます。

海から生まれた微生物から植物、動物はすべてミネラルがなければ酵素はできず、生命維持が出来ません。

いぶきミネラル液は岩石の中の鉱物の超微粒子です。超微粒子の特性は触媒機能があること。微生物も触媒機能で活性化が進みます。それにより放線菌や酵母菌が大幅に増え土壌の病害予防に役立つだけでなく、微生物により圃場に眠っている栄養分が吸収できるようになり、肥料代の節約に繋がります。太陽熱土壌消毒で使う方が多いです。

イオン化したミネラル水は高温低温、異常気象に強くなります。

税込み 1L:3、850円 送料等お見積りしますので下のお友達紹介 LINEでご連絡下さい。

お友達紹介はこちらをスマホのカメラで読み込み下さい。

粉炭を強化した「ウルトラ粉炭」は菌を呼び込むの女神です
日本の粉炭に菌を増やす天然フルボ酸フミン酸、モンモリロナイト、木酢液を加えて菌耕で働く菌を増やす力を強化しました。
土壌の地力は微生物の生態系の豊かさの量です。

粉炭を強化した「ウルトラ粉炭」は菌を呼び込むの女神です
一握りの少しの量でも驚きの働きです。連作障害の予防は土壌微生物が頼りです。
粉炭の微生物の活性化のパワーを更に上げるために、3種の有効資材を加えました。
忘れられた日本の伝承の炭の技術です。植え穴、株元に少しの量で活着の勢いが違って来ます。
初期の根の有用微生物が根を守り、収穫が終わるまで続きます。

炭で収量アップ。炭の微生物の栄養を作る力と病害予防の力。

忘れられていた炭の働きが見直されています。炭は有用微生物を増やす事が分かってきました。
農薬のなかった時代の土つくりに炭は落ち葉、腐葉土とともに大事にされていました、植え穴、株元に一握りの粉炭で初期から収穫時期が終わるまで初期の根の有用菌が守ってくれます。

古代からの智慧です。
全面散布より株元、植え穴に一握りのほうが経済的です。不耕起栽培にも農業女子にも役立つのが、重労働の農作業は必要のない、体に楽な不耕起、菌耕の農業です。

圃場の菌の生態系を活性化させる炭の働きです。
農作業を楽にするのは炭の使いようです。
農薬よりも菌活がこれからの一生涯を畑を楽しむ工夫になります。

日本の里山の「田村印の腐葉土」
ほんの少し使えば十分
本物の腐葉土は選ばれた
日本の土着菌の塊だから。
農薬知らずの生育に
見直しをされている
腐葉土の日本の伝承農法

日本の里山の「田村印の腐葉土」
腐葉土は高い品質のたい肥の栄養分やミネラル分の他に
なにより有用微生物の塊です。野生の有用土着菌をポットや圃場で病害菌の見張りをさせる。

花鉢の生育不良は主に加湿による酸欠です。
落ち葉の出る里山がまわりにない都市農業・花鉢向けに開発された、手作りの里山の腐葉土です。

原料は葉が厚くもちのよいナラ・クヌギのみ。

ナラ・クヌギは微生物分解の後でも繊維質が残り、空気層・発根に役たちます。
街路樹の桜や雑木は繊維質がないので溶けてしまいます。

ピートモスを鉢に詰めると底部ほど気層がすくなく根の障害が起こりやすいことがありあす。
加湿、酸欠をさけ、根張りが良くなる腐葉土です。
輸入ピートモスはもともと円高から始まり、もともとは腐葉土が信頼されてました。

これからのいつまでも続く日本の農業の担い手は里山の落ち葉の恵みを理解出来る人から生まれます。目に見えない土の中,葉の上の微生物を見通す目が有る人が日本の農地を受け継いでいくものとおもわれます。

なぜなら、毒ガス土壌消毒では土がダメになり、農業は続けられなく無理なことは農家さんが一番実感しているからです。今までの無理が今後通用する筈ないと皆分かっていても、他のやり方を知らないし、教える人もいないからです。

使い方やその他商品価格等ご質問及びは下記QRコードより、お問い合わせください。

38L 税込み 1袋:800円 送料等お見積りしますので

下記のお友達紹介 LINEでご連絡下さい。

お友達紹介はこちらをスマホのカメラで読み込み下さい。